• ホーム
  • サイズプロウルトラと脂質異常症治療薬の併用は?

サイズプロウルトラと脂質異常症治療薬の併用は?

2020年02月09日

脂質異常症は、高脂血症や、高コレステロール血症とも呼ばれる病気です。
コレステロールや中性脂肪に異常が起きることで、動脈硬化が進んでしまい、脳梗塞や心筋梗塞など、他の病気を発症する恐れがあります。
動脈硬化が起きると、勃起障害であるED(勃起不全)も起こすことがあるので、注意しなければいけません。

正常な陰茎動脈は、1mm~2mm程度と心臓などの血管よりも細くなっています。
そのため動脈硬化の影響を受けやすく、血液の流れが悪くなることで、勃起が十分に起きなくなってしまいます。

EDの治療薬として人気のあるサイズプロウルトラは、陰茎を増強させるために作られたサプリメントです。
100%天然成分で、サンザシやイチョウ葉エキス、朝鮮人参など、漢方でも使用されている安全な成分で作られています。
性欲増強や血流の促進などに効果がある成分ばかりですので、効果を実感しやすいでしょう。
早漏防止にも効果が高いので、体力がない人や、持続力がない人にも向いているED治療薬になります。
精子を増やす作用もあるので、不妊治療にもなりますね。
サイズプロウルトラは、バイアグラやレビトラなどの勃起薬と併用することで、さらに効果を高めることができます。
脂質異常症の治療に処方される脂質異常症治療薬は、バイアグラやレビトラとの併用が可能なことが多いですので、サイズプロウルトラとの併用も大丈夫でしょう。
しかし、サイズプロウルトラには、血流を促進する作用があるので、使用する際には、問題がないかを専門医に必ず相談するようにしましょう。
高血圧や心臓病、精神病など他の病気を抱えている場合にも常用薬と併用できないこともあるので、自信で判断しないようにして、医師に確認をとることが大切です。